今日も蒸し暑い1日でした。料理教室にお集まりの皆さんご苦労様でした。

今日はバランスのとれたお弁当がテーマの料理教室でした。

お弁当箱の容量は、その方に必要な1食のエネルギー量と同じと考えます。500kcalでしたら500ml容量の

お弁当箱を用意すればOK!

最近は豪華なお弁当が大流行ですが、毎日のお弁当は地味でささやかなもので良いのではないでしょうか?

さて、バランスですが 3:2:1をお勧めしたいと思います。3=主食(ご飯)、2=副菜(野菜やきのこの

おかず)、1=主菜(肉や魚や卵)

今回は、主婦の皆さんを対象に考えてみました。皆さん主婦、家事はするけれど運動はほとんど・・・

という方々の1日の推定エネルギー必要量はだいたい1650~1950kcal。お昼ごはんで1日の35%を摂取する

と考えると昼食のエネルギーは約600kcal。今日用意したお弁当箱は630mlです。

お弁当箱の半分がご飯、と聞くとエーッ!って思われるかもしれませんが、そもそも、普段のお食事でも

摂取カロリーの50~60%は穀類から摂ることがバランス的に良いとされているのですよ
イメージ 2
写真のお弁当箱のご飯と、お茶碗のご飯は同量で170gです

後の半分の1/3が主菜、2/3が副菜です。

この割合で詰めると、脂肪分・糖分・塩分を摂りすぎることがないし、どうしても摂取量が少なくなりが

ちな野菜やきのこ類を摂ることができ、ビタミンやミネラルが補給できます。

今日はお弁当に向くおかずを6品作りました。その中から、お弁当箱につめたものがこれ。
イメージ 1

ごはん、豚肉のわかめ巻き、里芋の中華煮、オクラのカレー炒めです。ご飯にゆかりや乾燥大根葉などふり
かけると色合いもきれいで、良いと思います。

イメージ 3

イメージ 4

あとの3品は、秋刀魚の胡麻焼き、糸昆布のピリ辛炒め、ゴーヤとしらたきの金平  です。(写真を
撮ることを忘れてしまいました)